学会発表

 エール薬局では1年に1回以上学会に参加し、発表しています。学会発表チームを立ち上げ、現在では3つの学会発表チームが編成されています。 日々の業務で疑問に感じたことや、患者さまからの要望などを議論し、発表の題目を検討しています。

 医療薬学会、薬学会など色々な学会に参加することにより、日々の業務に役立てることができます。 また、学会発表した内容は全職員にフィードバックすることにより、より良質な医療を行うことができると考えています。

学会発表 2018年

日本薬学会 第138年会

2018年3月25日-28日 金沢

「自動調剤システム及び監査システムの導入による調剤業務への影響」
○宅間 大祐1, 平田 龍司1, 井上 真理1, 濵田 篤秀1, 平松 久嗣1, 京谷 庄二郎2(1エール薬局,2徳島文理大薬)

「障害者施設職員に対するインフルエンザ曝露後予防の有効性の検討」
○北岡 泰介1, 藤川 勇実3, 森本 真仁2, 京谷 庄二郎1(1徳島文理大院薬,2徳島赤十字ひのみね総合療育センター薬剤部,3徳島赤十字ひのみね総合療育センター看護部)

学会発表 2015年

第54回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会

2015年10月31日-11月1日 高知市文化プラザ かるぽーと

「インシデントに及ぼす全自動薬剤払出機の影響」
○宮本 晃圭1、掛水 哲平1、三浦 鉄平1、光富 大祐1、宅間 大祐1、竹村 和泰1、
濵田 篤秀1,2、平松 久嗣1、京谷 庄二郎2(1エール薬局、2徳島文理大学)

「服薬コンプライアンス向上に向けた取り組み‐介護度別の調剤方法の検討‐」
○掛水哲平、窪内雅也、光富大祐、三浦鉄平、井西千香、濵田篤秀、平松久嗣(エール薬局)

「在宅医療への取組み-末期の悪性腫瘍患者に対する在宅業務の課題-」
○三浦 鉄平、宮本 晃圭、掛水 哲平、光富 大祐、宅間 大祐、竹村 和泰、
濵田 篤秀、平松 久嗣(エール薬局)

「在宅医療への取組み-介護付有料老人ホームにおける訪問薬剤師の役割-」
○山崎さやか、岡島千紗、岡添美奈、窪内雅也、北岡泰介、東條信之、
濵田篤秀、平松久嗣(エール薬局)

「在宅医療への取組み-小児重症患者に対する薬剤師の役割-」
○井上真理、図師清二、松岡亜由美、宮本章平、北村通康、東野純一、
濵田篤秀、平松久嗣(エール薬局)

第9回 日本薬局学会学術総会

2015年9月26日-27日 パシフィコ横浜

「患者対応向上への取り組み‐薬局で用いる専門用語に対する理解度調査‐」
○浜口恵里、大崎三香子、徳弘妃砂、山崎さやか、岡島千紗、岡添美奈、窪内雅也、北岡泰介、
東條信之、濵田篤秀、平松久嗣(エール薬局グループ)

第45回 高知県リハビリテーション研究大会

2015年7月26日 高知県立ふくし交流プラザ

「在宅医療における薬剤師の課題とエール薬局での取り組み」
○三浦鉄平、図師清二、濵田篤秀、平松久嗣(エール薬局)

医療フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム

2015年7月4日~5日 名古屋国際会議場

シンポジウム:後発医薬品の使用の実際と教育
「保険薬局における後発医薬品使用に対する課題」
○濵田篤秀(エール薬局グループ)

日本薬学会 第135年会

2015年3月25日-28日 神戸サンボーホール等

「在宅医療における薬剤師の課題」
○宅間 大祐1、掛水哲平1、井上真理1、松岡亜由美1、光富大祐1、東野純一1、図師清二1、
濵田篤秀1、平松久嗣1、京谷庄二郎2 (1エール薬局、2徳島文理大学 薬学部)

学会発表 2014年

第8回 日本薬局学会学術総会

2014年11月23日~24日 広島国際会議場

「接遇意識向上への取り組み-自己評価と職場内における客観的評価との相違-」
○中内真由、浜口恵里、大野世津子、久保美貴、勝賀瀬美保、北岡泰介、東條信之、
濱田篤秀、平松久嗣(エール薬局)

第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

2014年11月8日~9日 広島国際会議場

「在宅医療における薬剤師の課題」
○掛水哲平1、井上真理1、松岡亜由美1、光富大祐1、東野純一1、図師清二1、濵田篤秀1、
平松久嗣1、京谷庄二郎2(1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

第24回 日本医療薬学会年会

2014年9月27日~28日 名古屋国際会議場

「後発医薬品調剤時のインシデント抑制への取り組み」
○川野 雅1、山﨑さやか1、宮本晃圭1、三浦鉄平1、窪内雅也1、宅間大祐1、竹村和泰1、
濱田篤秀1、平松久嗣1、京谷庄二郎2 (1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

日本薬学会 第134年会

2014年3月27日~30日 熊本

「経口抗がん剤の後発医薬品に対する意識調査」
○松岡亜由美1,窪内雅也1,光富大祐1,東野 純一1,図師清二1,濱田 篤秀1,
平松久嗣1,京谷庄二郎2 (1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

「自転公転型混合機による軟膏混合調製の検討‐混合軟膏の物性に及ぼす混合条件‐」
○中島一輝1,濱田 篤秀2,平松久嗣2,京谷 庄二郎1(1徳島文理大学・薬学部、2エール薬局)

学会発表 2013年

第7回 日本薬局学会学術総会

2013年11月23日~24日 大阪国際会議場

「接遇に関する自己評価と意識変化の調査」
○山崎まどか、長野綾子、大野世津子、樫尾あゆみ 北岡加恵、宅間大祐、濵田篤秀、
平松久嗣 (エール薬局)

「経口抗がん剤の後発医薬品に対する意識調査」
○窪内雅也1、図師清二1、井上真理1、松岡亜由美1、光富大祐1、東野純一1、 濵田篤秀1、
平松久嗣1、京谷庄二郎2
(1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

2013年10月26日~27日 松山大学

「後発医薬品変更時に生じたインシデント事例の分析」
○正岡寛子、川野佳奈、岡添美奈、三浦鉄平、宅間大祐、竹村和泰、濱田篤秀、
平松久嗣(1エール薬局)

「在宅医療に対する薬剤師の意識とその問題点」
○岡島千紗1、池田紗希1、掛水哲平1、宮本晃圭1、長島知美1、北岡 泰介1、東條 信之1、
濱田 篤秀1、平松 久嗣1、京谷 庄二郎2
(1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

第24回 日本在宅医療学会学術集会

2013年5月18日~19日 大阪新阪急ホテル

「シンポジウム:在宅医療に対する薬剤師の意識とその問題点」
○井上真理、和田直子、松沢 梓、北岡加恵、山本佳奈、三浦鉄平、光富大祐、東野純一、
濵田篤秀、平松久嗣(1エール薬局)

日本薬学会 第133年会

2013年3月27日~30日 パシフィコ横浜

「ケトプロフェンテープの使用部位における先発医薬品と後発医薬品の使用感差異調査」
○図師清二1,2、東野純一1、井上真理1、濵田篤秀1、平松久嗣1、佐藤信範2
(1エール薬局、2千葉大院薬)

「自転公転型混合機による軟膏混合調剤の検討-混合時間及び回転数-」
〇山崎里奈1、池田紗希1、八木ゆい1、図師清二2、濵田篤秀2、平松 久嗣2、根本 学3、
井口美紀1、京谷庄二郎1 (l徳島文理大薬、2エール薬局、3シンキ)

「自動錠剤分包機による口腔内崩壊錠の調剤に関する研究-多剤一包化における錠剤の物性への影響-」
〇津田勝範1、掛水哲平1、図師清二2、濵田篤秀2、平松 久嗣2、京谷庄二郎1
(l徳島文理大薬、2エール薬局、3シンキ)

学会発表 2012年

第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

2012年11月10日~11日 島根県民会館・サンラポーむらくも

「ケトプロフェンテープの使用部位における先発医薬品と後発医薬品の使用感差異調査」
○図師清二1,2、窪内雅也1、東野純一1、松岡亜由美1、井上真理1、濵田篤秀1、平松久嗣1、佐藤信範2
(1エール薬局、2千葉大学大学院薬学研究院 臨床教育)

「お薬手帳を用いた残薬確認方法についての検討」
○北岡泰介1、岡添美奈1、光富大祐1、正岡寛子1、東條信之1、 濵田篤秀1、平松久嗣1、京谷庄二郎2
(1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

第6回 日本薬局学会学術総会

2012年10月27日~28日 福岡市:電気ビル共創館・ホテルニューオータニ博多

「インシデント発生抑制に向けた取り組み-薬局事務における入力ミス等報告の活用-」
○美崎春香、樫尾あゆみ、小松ゆかり、谷口貴代、山﨑朝子、山本佳奈、宅間大祐、濵田篤秀、平松久嗣
(エール薬局)

「エール薬局グループにおけるインシデント発生抑制への取り組み」
三浦 鉄平1、岡島 千紗1、祖父江 佳奈1、宅間 大祐1竹村 和泰1、濵田 篤秀1、平松 久嗣1、
京谷 庄二郎2 (1エール薬局、2徳島文理大学・薬学部)

2012年3月28日~31日 北海道大学

「後発医薬品推進に関する調査検討 ―ケトプロフェン含有貼付剤における使用感の差異―」
◯図師 清二1,2,濵田 篤秀1,平松 久嗣1,小林 江梨子2,佐藤 信範2
(1エール薬局、2千葉大院薬)

「自転公転型混合機を用いた軟膏混合調剤に関する検討」
◯京谷 庄二郎1,井口 美紀1,岡島 千紗1,緒方 沙織1,八木 ゆい1,池田 紗希1,中村 武夫2,根本 学3,図師 清二4,平松 久嗣4
(1徳島文理大薬,2近畿大薬,3シンキー,4エール薬局)

学会発表 2011年

第50回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

2011年11月12日・13日 サンポートホール高松・かがわ国際会議場

「インシデントの発生抑制に対する新たな取り組みとその効果」
○加藤 浩一1、図師 清二1、三浦 鉄平1、東野 純一1、濱田 篤秀1、平松 久嗣1、京谷 庄二郎2
(1エール薬局、2徳島文理大学 薬学部)

「門前薬局の医療サービス向上に向けた取組み―患者および薬局従事者間における薬局選択に関する意識の違い―」
○東條 信之1、図師 清二1、内藤 麻貴1、松岡 亜由美1、尾田 優1、北岡 泰介1、濱田 篤秀1、平松 久嗣1、京谷 庄二郎2 (1エール薬局、2徳島文理大学 薬学部)

第21回 日本医療薬学会年会

2011年10月1日・2日 神戸国際展示場・神戸国際会議場・神戸商工会議所会館・クオリティホテル神戸

「後発医薬品推進における問題点と薬剤師の意識調査」
○光富 大祐1、図師 清二1,2、宅間 千洋1、正岡 寛子1、宅間 大祐1、竹村 和泰1、濵田 篤秀1、平松 久嗣1、京谷 庄二郎3 (1エール薬局、2千葉大学大学院 薬学研究院、3徳島文理大学 薬学部)

「口腔内崩壊錠の物性に及ぼす全自動分包機調剤の影響」
○京谷 庄二郎1、山下 起承1、井口 美紀1、中村 武夫2、和泉 清一3、図師 清二4、平松 久嗣4
(1徳島文理大学 薬学部 医療薬学、2近畿大学 薬学部、3株式会社トーショー、4エール薬局)

「医療用医薬品添付文書に記載の「社内資料」情報提供体制に関する検討」
○吉良 美里1、高橋 由佳1、野口 栄眞2、堀越 慶一3、丸山 裕徳4、幸田 真純5、杉山 宏之6、
刈込 博1,7、北島 眞由美8、喰田 崇9、永田 泰造9、井上 真理10、図師 清二1,10、
平松 久嗣10、櫻田 大也1、小林 江梨子1、佐藤 信範1
(1千葉大学大学院 薬学研究科 臨床教育、2あいね薬局、3行田総合病院、4延山会 西成病院、
5カネマタ薬局、6ミヤマ薬局、7聖路加国際病院、8株式会社メイプル、9桜台薬局、10エール薬局)

「薬局薬剤師からの資料請求に対する先発医薬品企業およびジェネリック医薬品企業の対応とその比較」
○武者 愛美1、山下 槙子1、丸山 裕徳1、幸田 真純3、黒木 光良3、杉山 宏之4、野口 栄眞5、
井上 真理6、図師 清二1,6、平松 久嗣6、櫻田 大也1、小林 江梨子1、佐藤 信範1
(1千葉大学大学院 薬学研究科 臨床教育、2延山会西成病院 薬局、3カネマタ薬局、4ミヤマ薬局、
5あいね薬局、6エール薬局)

学会発表 2010年

第49回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会

2010年11月6日・7日 鳥取県米子市 米子コンベンションセンター・米子市文化ホール

「エール薬局における後発医薬品の使用推進に関する検討 」
○図師清二1、井上真理1 、内藤麻貴1、坂本 圭1、斉藤展子1、加藤浩一1、 東條信之1、竹村和泰1、 平松久嗣1、京谷庄二郎2 (1エール薬局、2徳島文理・薬学部)

医療薬学フォーラム 2010 第18回クリニカルファーマシーシンポジウム

2010年7月10日~11日 広島国際会議場

「製薬企業に対する社内資料請求調査」
○図師 清二1、井上 真理1、高橋 由佳2、増田 和司2、小林 江梨子3、櫻田 大也3、 上田 志朗3、佐藤 信範2
(1エール薬局、2千葉大学大学院薬学研究院臨床教育、3 千葉大学大学院薬学研究院医薬品情報)

日本薬学会 第130年会

2010年3月28日~30日 岡山県岡山市 岡山桃太郎アリーナ

「後発医薬品使用に対する患者の意識調査-使用促進に及ぼす健康保険自己負担割合の影響-」
◯東條 信之1,竹村 和泰1,図師 清二1,平松 久嗣1,井口 美紀2,京谷 庄二郎2
(1エール薬局,2徳島文理大薬)

「後発医薬品使用に対する患者の意識調査―使用促進に及ぼすかかりつけ薬局の影響―」
◯京谷 庄二郎1,井口 美紀1,東條 信之2,図師 清二2,平松 久嗣2
(1徳島文理大薬,2エール薬局)

「後発医薬品使用に対する意識調査―外来患者と薬学生の比較―」
◯井口 美紀1,東條 信之2,図師 清二2,平松 久嗣2,京谷 庄二郎1
(1徳島文理大薬,2エール薬局)

お問い合わせ

電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

ページ上部へ